ビザ,在留資格,外国人雇用国際結婚,永住,帰化申請なら行政書士シローズ国際法務事務所【大阪,兵庫,京都,奈良,和歌山,滋賀,三重】【関西圏】

ビザ申請行政書士シローズ国際法務事務所

外国人雇用 就労ビザ

就労ビザの不許可事例の解説

更新日:

就労ビザの不許可

今回の動画では、外国人(専門学校卒業)を雇った際の就労ビザへの
変更手続き不許可事例のお話をしております。(技術・人文知識・国際業務の在留資格)

専門学校卒業の方のビザ取得は難しい

外国人の方が就労ビザの取得を考えた場合,大学卒業以上と専門学校卒業とでは就労ビザ(技術・人文知識・国際業務ビザ)の取得の難易度は変わります。

専門学校卒業の場合,専門学校で学んだ内容とその外国人の方がこれから従事しようとする業務の内容が強く関連している必要があります。一方で,大学卒業以上であれば,専攻と業務内容が関連している必要はありますが,専門学校卒業の時より,関連の度合いは弱くても就労ビザ (技術・人文知識・国際業務ビザ) が許可される可能性は高くなります。

将来,日本で就職したい場合

もし,将来,日本で就職したい方は,大学や専門学校に入学する前に考えて欲しいことがあります。それは,将来どんな仕事をしたいかという事をしっかり考えてから学校を決めてください。

その理由は,就労ビザの取得の関係上,お仕事の内容と学校で学ぶ内容がリンクしていないといけないからです。結構多いパターンが,就職先は決まったのに,就職先の業務と学んだ内容がリンクしないという理由で就労ビザ (技術・人文知識・国際業務ビザ) が取れなくて,諦めて母国に帰るという方は本当に多いです。

繰り返しになりますが,大学卒業・短大卒業と専門学校卒業では、入国管理の法律上,就労ビザが取れる基準が変わります。 大学卒業・短大卒業のほうが比較的就労ビザは取りやすいです。

外国人の雇用を考えている企業様の場合

外国人を雇って働いてもらう場合,日本人を雇う場合と大きく違う点は就労ビザの問題です。

就労ビザは,様々な種類があり,その種類の中でも,外国人が従事できる業務が決まっています。いざ外国人を雇って,従事させようと思っていた業務が実は就労ビザが取れない業務であったという事はよくあります。

また,いざ外国人を雇ってみたが,その外国人の大学や専門学校で学んだ内容が従事する業務とリンクしていないため,そもそも就労ビザが取れないというケースも多いです。(このケースは本当に多いです。)もし,これから外国人を雇おうと考えているならば,雇う前に外国人ビザの専門家に相談することをお勧めします。

外国人の雇用・転職に関する就労ビザのご相談

外国人ビザについてご相談されたい方は,当事務所のホームページのお問い合わせからご相談ください。メール相談は原則無料にしております。

動画内では就労ビザ(技術・人文知識・国際業務の在留資格)の法務省が発表している不許可の事例ご案内をい たしました。

「留学生の在留資格「技術・人文知識・国際業務」への変更許可のガイドライン 別紙1(事例)」(法務省) (http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri07_00091.html)を加工して作成

-外国人雇用, 就労ビザ

Copyright© ビザ申請行政書士シローズ国際法務事務所 , 2020 All Rights Reserved.