ビザ,在留資格,外国人雇用国際結婚,永住,帰化申請なら行政書士シローズ国際法務事務所【大阪,兵庫,京都,奈良,和歌山,滋賀,三重】【関西圏】

ビザ申請行政書士シローズ国際法務事務所

ビザ更新・変更 外国人雇用

ビザと在留資格の違い

更新日:

ビザとは?

日本では、一般的に査証と在留資格がビザと呼ばれていることが多いです。

日常の会話では、査証と在留資格が混ざった表現でも問題無いのですが、法律に基づく手続き上では誤った表現になってしまいます。

ですので、手続きの際には、しっかりと違いを認識して頂くと誤解されることも少なくなると思います。

このビザの本来の言葉の意味は、査証=ビザになります。

入国管理に関する手続きをする際に、この査証と在留資格の違いが理解できていると、より入国管理の手続きの説明が分かりやすくなりますので、この記事では解説したいと思います。

査証とは?

まず、査証とは何かと申しますと、外国にある日本大使館・領事館が発給する書類です。日本大使館・領事館が扱う書類ですので、担当は外務省となります。

後ほど触れますが、担当の違いは手続きでかなり重要ポイントになりますので、是非覚えておいてください。

話を戻しますが、この書類は、外国人が日本に入国する際に必要なもので、入国推薦書のようなものです。

「なんで外国人の人だけ、ビザって必要なの?」と不思議に思われる方も多いかもしれませんし、海外旅行を頻繁にする日本人にも、この査証は馴染みが薄いものだと思います。

本当は日本人も海外旅行をする際は、査証(ビザ)を取らないといけないです。
ですが、日本国のパスポートはかなり優秀で、短期滞在の際の査証免除国が多く、海外旅行をする時に査証(ビザ)を取得する必要が無いという場面が多いので、日本人には馴染みの薄いものになっています。

同じように、韓国や台湾のパスポートのお持ちの方は日本が短期滞在の査証免除をしていますので、旅行や知人に会うために短い間日本に来る場合は査証(ビザ)を取得する必要はありません。

「留学や就労で海外に行く場合や長い期間滞在する場合は、査証(ビザ)が必要だ」と思って頂くとシンプルでわかりやすいと思います。

短期間でも報酬を受ける場合、ビザが必要だったりと細かいルールはありますので、専門家に確認しながらビザに関する手続きを行うことはお勧めします。

在留資格とは?

在留資格とは、外国人の方が入国する際に、入国管理局が出す許可です。ですので、在留資格は入国管理局(法務省)が担当するものになります。

査証は外務省でしたが、在留資格は法務省と担当が違います。(次のセクションで、その扱いが徹底的に違う点をご紹介します。)

この在留資格が入国管理局から許可される際に、5年、3年、1年、3月のように日本に滞在してよい期限が決められます。この決められた期限を超えて日本に滞在すると不法滞在となり、強制的に帰国して頂く手続きが取られます。

また、この在留資格で日本国内にて行なってよい活動が制限されます。
例えば「留学」の在留資格で就労をすることはできません。

留学をするために日本に来るのですから、留学生としての活動を超える事はできません。もし、制限を超えて活動すると、強制的に帰国して頂く手続きが取られます。

査証と在留資格の違いで気を付ける点

前のセクションでお伝えしたように、査証と在留資格では担当している省が違います。

この担当の違いから出てくる、入国管理の手続き上で大事な点は、「もし、申請をして不許可になった時、再申請が出来るかどうか」です。

まず、査証(ビザ)ですが不許可になった場合は、同一の目的で再申請は6か月間できなくなります。更に不許可の理由は教えてもらえません。

ですので、就労・結婚のために査証(ビザ)を申請する際は、しっかりと書類を揃えて、査証(ビザ)を取得できる立場であるという事をしっかりと証明しましょう。

次に在留資格に関する手続きですが、在留資格認定証明書や在留資格変更・更新申請とあります。これらの申請で不許可になった場合は、再申請ができます。

理由も入国管理局に聞きにいけば一度だけ教えてくれますので、再申請をする際は、理由を聞いて不許可になった点をしっかりとリカバリーすれば許可を得ることができる可能性があります。

再申請が出来るかどうかは、査証と在留資格の違いの大事なポイントです。

査証(ビザ)と在留資格の違いのイメージ

査証と在留資格の違いは、日本に入国する際に必要な許可と日本に滞在する許可という点で違います。遊園地で例えると査証は入場チケットです。

その入場チケットで入園する際に、受付の方から園内のアトラクションは乗って良いという案内と滞在時間の案内(在留資格)がされます。また園内にはアトラクション以外の施設があるとします。

園内の植物園の利用(在留資格外の活動、例えば留学生の場合の就労)は、また別にチケット(資格外活動許可)を手に入れる必要があります。チケット無しに植物園に入ると強制的に遊園地から出て行って貰う、これらが査証と在留資格の違いであり大まかな入国管理のシステムです。

外国人の雇用・転職に関する就労ビザのご相談

外国人ビザについてご相談されたい方は,当事務所のホームページのお問い合わせからご相談ください。メール相談は原則無料にしております。

-ビザ更新・変更, 外国人雇用

Copyright© ビザ申請行政書士シローズ国際法務事務所 , 2020 All Rights Reserved.