補助金

補助金の概要

補助金は、国や自治体により、さまざまな分野で募集されています。事業者の事業をサポートするために資金の一部について補助金を給付するというものです。

それぞれの補助金は,その制度の「目的・趣旨」があります。自身の事業に合う補助金を探す作業も重要になります。

補助金申請の前に知っておくべきこと

コロナ禍により,給付金や助成金と,国や自治体より給付を受ける制度を目にする機会が比較的増えたと思います。

これらの給付金や助成金は,要件を満たせば給付を受けられる制度ですので補助金と少し性格が異なる制度であるという事は,前提として知っておくと理解がしやすくなると思います。

審査がある

補助金を受けるためには,審査を受けて採択される必要があります。 「申請したら必ずもらえる」 というわけではありませんので,その点は注意が必要です。また,採択後も,申請書の計画通りに事業を進めているか等の検査があります。

おおまかな全体の流れを見ると,補助金申請をし,採択され,報告及び検査,補助金の給付となります。

補助金の給付が一番最後になっているところも注意点です。補助金は原則後払いですので,事業の実施はまず自身の資金で行う必要があります。

事業の全額が必ずしも補助されるとは限らない

事業の全額が必ずしも補助されるとは限らない点も,事前に知っておくべきことです。 補助対象の経費・補助の割合・上限額などは,しっかり確認した方が良いです。

代表的な補助金

補助金の制度は本当に数多くありますが,本項目では,代表的な補助金制度を紹介します。

持続化補助金

小規模事業者が作成した経営計画に基づいて行う販路開拓や生産性向上の取組を補助する制度です。

商品の宣伝や,ホームページの開設,展示会出展等の経費の一部の支援を受ける事が出来る制度になります。

IT導入補助金

中小企業・小規模事業者等が日々の業務の効率化や自動化のためのITツールの導入を支援する補助金制度になります。

ものづくり補助金

中小企業等による生産性向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資を支援する補助金です。

https://mirasapo-plus.go.jp/subsidy/

事業再構築補助金

事業を新しい業態に変更する際に利用できる補助金制度です。詳しくはリンク先をご参照ください。

© 2021 行政書士シローズ国際法務事務所