ビザ,在留資格,外国人雇用国際結婚,永住,帰化申請なら行政書士シローズ国際法務事務所【大阪,兵庫,京都,奈良,和歌山,滋賀,三重】【関西圏】

ビザ申請行政書士シローズ国際法務事務所

国際結婚

国際結婚のビザ申請は難しいです。

国際結婚について

国際結婚をして,日本で一緒に暮らすとなった場合,直面する問題がビザの取得です。国際結婚のビザを取得する際は,かなりの量の提出資料を求められます。さらに,法務省に提出資料のリストがありますが,そのリストはあくまで書類を受理する最低限のリストになります。

ビザの申請の際には,申請する外国人の方が日本に滞在しても大丈夫であるという事を,自身でしっかりと証明する必要があります。その証明ができないとビザの許可がおりないです。

ビザが所得できないと,日本で一緒に暮らす事はできません。国際結婚のビザの申請は本当に難しいですので,是非,専門家に頼って頂く事をお勧めいたします。

不許可になっても,諦めないでください

ビザの申請で不許可になることは,頻繁にあります。この不許可になる原因の一つが,説明不足によるものが多いです。

ビザの申請では,申請する側が説明する責任があります。つまり,ビザが取れる事をしっかりと,ご自身で証明する書類を作成して入国管理局に提出する必要があります。

その提出書類は,ご自身で作成するのが難しいのが大変多いです。ぜひ,専門家である私共にお任せいただけたらと思います。

動画等でビザに関する事も解説していますので、是非ご覧ください。

結婚・出産・離婚・死別の場面で国際結婚では、
ビザ(在留資格)の手続きが必要になります。

日本人同士の結婚の場合には無い手続きが国際結婚ではあります。

 

それらの手続きは面倒なものだったり複雑で難しかったりします。

 

また結婚・出産・離婚・死別と、人生の大きな節目の気持ちが落ち着かない時に必要な手続きのため忘れやすかったり見逃してしまいがちです。

 

しかし日本に在留するために必要な手続きです。
必要な手続きをせずに、そのままにしているとビザの変更や更新の際に不許可になる原因にもなります。

 

ですので、「そのままでも大丈夫だろ」と放置せずに、専門家にお任せいただけたらと思います。

 

 

是非ビザの専門家の私たちにご相談ください。
ご負担を少しでも減らせるようにサポート致します。

 

営業時間
平日9:30~17:00
(予約により夜間・土日対応できます。)

 

 

【免責事項】
ウェブサイト内、動画内の内容には誤りがないよう、細心の注意を払っております。
ですが、動画内の内容に基づく行為及びその結果については責任を負うことができません。
自己責任でご活用をお願い致します。

更新日:

Copyright© ビザ申請行政書士シローズ国際法務事務所 , 2020 All Rights Reserved.