ビザ申請

外国人ビザの申請は複雑

外国人雇用・国際結婚と外国人のビザを取得する際に直面する問題が,意外に書類と制度が複雑であるという事です。

外国人雇用ですと,外国人本人と雇用する会社両者が審査されます。提出書類で会社の安定性,継続性,適正性等を証明できないと不許可になったりします。

国際結婚の場合,申請に必要な書類が100枚以上になることも頻繁にあります。

ビザの申請に不慣れな場合ですと,書類作成に時間が凄くかかります。ぜひ,スムーズにビザの申請をするために,専門家にお任せください。

ビザ申請が不許可

ビザが不許可になる多くの原因は,必要な書類を提出できていないからです。

この必要な書類というのは,法務省の必要提出書類リストにはのっていません。必要書類リストにのっている書類は,受理されるための最低限のものになります。ですので,必要な書類は入管法の専門知識を持った上でないと作成できません。まずは,ビザの専門家の私共にご相談ください。

ビザ(査証、在留資格)に関する手続きは専門家にお任せを!!

ビザ(査証、在留資格)の取得・変更・更新は一見簡単に見え、ご自身でもできる手続きに思えます。

しかし、しっかりと入国管理に関する法律を読み込むと納税に関する資料、雇用理由書、事業計画書等、入国管理局に求められなくてもご自身で在留資格を取得・変更・更新できる立場にあることを立証する資料を作成し提出しなければいけないという事がわかります。

もし、しっかりとビザが取れる立場であることを証明できていないとビザが不許可になります。

ビザ(査証、在留資格)の取得・変更・更新が必要な時というのは、
留学、就職、結婚、出産と人生の大事な節目になります。

ビザの取得、変更、更新に失敗すると、人生のプランが大きく狂う可能性が大変高いです。
ですので、できる限り許可が取れる可能性を高くするべきだと思います。

ぜひ、私共、専門家に頼ってください。
ビザを専門にしているからこそのノウハウ、知識があります。
より手続きをスムーズに、そしてクライアント様のご負担を軽く致します。

© 2021 行政書士シローズ国際法務事務所